外貌醜状

交通事故の被害で顔に傷がのこるなどの被害があった場合は、一定の条件のもとに後遺障害として損害賠償の対象となります。

 

1 後遺障害の認定の基準について

顔の傷などを後遺障害として認定される基準について説明させていただきます。

顔の傷は、原則として、人目に付く程度以上のものをいいます。

後遺障害として認定する場合、傷の場所によって基準が異なります。例えば、頭部の場合は、てのひら大以上の瘢痕 又は 頭蓋骨のてのひら大以上の欠損 という基準が定められています。

 

2 後遺障害の等級の種類について

顔の傷あとの認定等級

等級

認定基準

07級12号

外貌に著しい醜状を残すもの。

09級16号

外貌に相当程度の醜状を残すもの。

12級5号

外貌に醜状を残すもの。

ここで認定基準の詳しい解説をします。

「著しい醜状」とは

  • 頭部の場合は、てのひら大(指の部分は含まない。以下、同様。)以上の大きさの傷あと、又は頭蓋骨のてのひらの大きさ以上の部分欠けてしまったもの
  • 顔面部の場合は、鶏卵の大きさ以上の傷あと、又は 10円玉銅貨の大きさ以上の組織の陥没
  • 首の部分(頚部)の場合は、てのひらの大きさ以上の傷あと、のことの意味です

「相当程度の醜状」とは

原則として、顔面部における切り傷を代表とする線状の傷あとで、長さ5㎝以上の人目に付くものという意味です。

単なる「醜状」とは

  • 頭部の場合には、鶏卵の大きさ以上の傷あと、又は頭蓋骨の鶏卵の大きさ以上の部分が欠けてしまったもの
  • 顔面部の場合は、10円玉銅貨の大きさ以上の傷あと、又は長さ3㎝以上の線状の傷あと
  • 首の場合、鶏卵の大きさ以上の傷あとのことをそれぞれ意味します。

 

3 後遺障害の認定の申請の際のポイントについて

上記で記載しましたように、顔の傷の後遺障害等級は「醜状の程度」により、大きく変わります。

認定のポイントは、後遺症障害診断書に主治医に記載してもらう場合に、醜状の場所や大きさ、長さを適切かつ詳細に記載してもらうことです。

当事務所では、医師に後遺障害診断書の作成を依頼する場合には、醜状の長さや大きさを測定する際に病院に同行して、適切な測定がなされるようにサポートしています。

 

4 外貌醜状における損害賠償の問題点

➀ 労働能力喪失率の問題点

顔に傷あとが残ってしまうことで、 人と会うことを避けたり仕事をしづらくなる などを考慮して、接客業をされている方など、 対人関係の円滑化を要求される仕事に就いていると 高い労働能力喪失率 が認定される傾向にあります。

 

② 逸失利益の問題点

裁判や交渉で一番問題になりやすいのが傷あとと逸失利益の問題です。

逸失利益とは、後遺障害による具体的、現実的な労働能力の喪失により、本来得られるはずだった 収入の減額分に対する損害賠償です。

顔の傷あとは、麻痺や可動域制限などのようにそれ自体が身体機能を左右するものではありません。この点が、他の後遺障害の逸失利益と異なる点です。

しかし、被害者の性別、年齢、職業等考慮 したうえで逸失利益として認められる場合があります。

 

③ 慰謝料の問題点

顔の傷あとのために配置転換をさせられたり、職業選択の幅が狭められる、または 対人関係対外的な活動に消極的になる など、労働能力に影響を及ぼすおそれが認められた場合には 慰謝料の加算事由 として考慮されます。

顔など、人目に付く傷あとの事案において、逸失利益の算定にあたり醜状部分が考慮されなくても、慰謝料増額事由として 十分に斟酌されるべきという考えがなされる傾向にあります。

 

5 裁判での判断

  1. 25歳の女性でアルバイトをされていた方について、7級の顔面醜状について、左下眼瞼下垂により笑ったおき左目が開くこと、左鼻穴の形態が右と異なり6cmの線状痕を残すこと、アルバイトとはいえ接客業についていたことなどから、42年の30%の労働能力喪失を認めている(大阪地方裁判所平成17年9月21日)
  2. 58歳の女性会社について、8年にわたり8回の顔面修正等の手術を受け、右下眼瞼、鼻孔下部及び鼻背を中心とする線状痕、鼻背を中心とする長さ5cm以上の線状痕(7きゅう)嗅覚障害(併合6級)につき、転職を余儀なくされており、外貌醜状が労働能力に与える程度は相当深刻であるとし、9年間30%の労働能力喪失を認めた(東京地方裁判所平成23年3月29日)
  3. 12歳の女性の小学生について、顔面線状痕(12級5号)につき、今後の進路ないし職業の選択・就業等において不利益な扱いを受ける蓋然性は否定できず、醜状痕を気にして消極的になる可能性も考慮して、賃金センサス全労働者全年齢平均を基礎に、49間5%の労働能力喪失を認めた(名古屋地方裁判所 平成24年11月27日)

 

6 外貌醜状の後遺障害等級などについて

交通事故によって負った外傷が、怪我の場所によっては傷跡ややけどが残り、醜状(しゅうじょう)と呼ばれる後遺障害になることがあります。等級認定においては、醜状の場所が目立つ場所にあるのかどうか、性別が男性か女性かによっても違いました。しかし、2010年に京都地裁で性別の違いによって後遺障害等級が低いことは男女平等を定めた憲法に違反するという判決があり、その後の醜状障害におけるとう男女差による等級認定差はなくなりました。

現在の醜状障害における後遺障害の認定基準は以下の通りになります。

醜状障害の認定基準

等級

認定基準

7級

12 外貌に著しい醜状を残すもの

9級

13 外貌に相当な醜状を残すもの

12級

13 外貌に醜状を残すもの

14級

3 上肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

4 下肢の露出面に手のひらの大きさの醜いあとを残すもの

外貌に著しい醜状を残すものとは、以下のいずれかに該当する場合のことになります。

  1. 頭部に手のひら大以上の瘢痕、あるいは頭蓋骨の手のひら大以上の欠損がある場合。
  2. 顔面部に卵大面以上の瘢痕、長さ5cm以上の線状痕、あるいは、10円玉大以上の組織陥没がある場合。
  3. 首に手のひら大以上の瘢痕がある場合。

※注:手のひら大とは指の部分は含みません。

また、外貌に醜状を残すものとされる場合の「醜状」とは、以下のいずれかに当てはまる場合になります。

  1. 頭部に卵大面以上の瘢痕、あるいは、頭蓋骨の卵大面以上の欠損がある場合。
  2. 顔面部に10円玉大以上の瘢痕、長さ3cm以上の線状痕がある場合。
  3. 首に卵大面以上の瘢痕がある場合。

外貌の醜状において特に注意しなければならない点は、他人が見て傷を負っていることが明確に分かるという点です。瘢痕、線状痕、組織陥没があったとしても、眉毛や頭髪によって隠れてしまう部分については、醜状として取扱われない点に注意が必要です。

当事務所では、醜状障害を負われた方に対し、適正な後遺障害の等級認定を得られるように認定のサポートを行っております。醜状障害を負われてしまい、お悩みになられていることがございましたら、お気軽にご相談下さい。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号