保険会社と示談する前に

保険会社と示談する前に交通事故に遭ってから早くて3ヶ月ほど経過すると,保険会社から示談案が到着します。これくらいの金額になるので,OKならお支払いします,といった連絡です。ここで,多くの方は「そんなものか」と思い、示談に応じてしまいます。

しかし,ここで出される金額は,弁護士から見ると驚くほど低額に抑えられていることが多いのです。

これは、それぞれの任意保険会社が、独自の基準で提案する金額であるからです。

裁判所が「妥当な金額はこれだ。」と基準(裁判基準、弁護士基準と呼ばれています)を公表しているにもかかわらず,その金額通りに提示をしてくる保険会社は皆無です。保険会社も利益を追求する株式会社ですので,できるだけ支払金額は少なくして、自社の儲けを増やそうと考えるからです。

あくまで保険会社のお客様は加入されている加害者であり,被害者はお客さんでも何でもありませんので,被害者のためにわざわざ高いお金を払おうとは思わないのです。

よくTVで損保会社のCMを見かけますが,よく聞くとあれは加害者受けをするようなことしか言っていません。

保険会社からすれば被害者は言葉は悪いですが,敵でしかないのです。

そのため,保険会社に対抗できる知識を備えた弁護士の力が重要になります。当事務所は,被害者に泣き寝入りを強いようとする保険会社と戦い,適切な賠償金額を獲得できるよう尽力いたします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号