3つの慰謝料基準の比較

慰謝料、逸失利益、後遺障害慰謝料、休業損害・・・など、交通事故に関する賠償額については、「3つの」「異なる」基準を用いて、加害者の加入する保険会社が被害者に対して提案する仕組みになっています。

3つには、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準があります。

 

1 弁護士基準とは・・・

まずは、「弁護士基準」についてご説明いたします。(「弁護士基準」は、「裁判所基準」とほぼ同じ意味です。)

交通事故の内容や被害内容は多種多様です。

このような交通事故の被害の特殊性から、裁判所が個別の事情を踏まえた上で計算すると、裁判所、裁判官によって、その判断が不公正、不公平になる可能性が少なくないばかりか、個別事情を主張立証した上で認定していては、解決までに大きな時間がかかってしまいます。このことを避け、公平迅速な解決を図るため、裁判所基準、弁護士基準がつくられています。

つまり、裁判所基準、弁護士基準は、裁判の公平迅速な解決のための全国一律の基準なのです。

 

2 自賠責基準とは・・・

自賠責基準とは、自動車運転手の加入が法的に義務つけられている自賠責保険により支払われる保険金額を算出する際に用いる基準のことで、これは、自賠責法という、法律で規定されたものなので、全国一律であり、保険会社による差異もありません。

ただし、自賠責保険は、被害者の損害の公平な分担を趣旨として最低限度の保障をするための保険ですので、自賠責基準の賠償額は、極めて低額となります。

 

3 任意保険基準

任意保険基準は、加害者のかたが加入されている保険会社が、それぞれ保険会社ごとに規定している基準のことで、慰謝料ほかの損害賠償の金額は、それぞれの保険会社によって異なります。この任意保険基準が、法律で定められてた自賠責基準、裁判の公平・迅速のための裁判基準とはことなり、いわば、各保険会社の「ブラックボックス」になっている基準といえます。

☆ この3つの基準のうち、弁護士基準が最も高額になる基準となります。(ただし、被害者のかたの過失が大きい場合は、自賠責基準が高額になるケースがあります。被害者側に過失が認められると、弁護士基準ですと、過失分がそのまま過失相殺されることになります。それに対し、自賠責保険基準では、過失が7割未満の場合には、損害賠償の金額は、過失相殺されません。)

☆弁護士基準は毎年赤本で公開

交通事故の慰謝料などの弁護士基準は、弁護士が編集委員となり毎年改訂版が発行されている「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」という書籍で公開されています。この書籍は表紙が赤くなっていることから、通称「赤本」「赤本基準」と呼ばれています。

当事務所では、お客様の交通事故の事案において、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判基準、弁護士基準での賠償額、そして弁護士費用(弁護士特約に加入のお客様は、弁護士費用は原則発生しません)のお見積りを無料で行います。もし、保険会社の提案に疑問や不満があった場合は、お気軽にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号