低額な慰謝料基準と高額な慰謝料基準

1 なぜ・・・いくつも基準があるのか?・・・

全国の交通事故の被害者のお客様から「なぜ、最初から高い基準で賠償金額を提案しないのか?」「弁護士費用をかけたくないので、当事者で交渉する方法を教えてほしい・・・。」「弁護士基準?裁判所基準?自賠責基準?って、何なの?」といった、慰謝料の基準についてのご相談をうけることが少なくありません。また、「交通事故の慰謝料を弁護士基準で、無料で計算して欲しいんだけど・・・」といったご要望も多くいただきます。

交通事故の被害者には、保険会社の担当者の提案に不安や疑問を抱いているかたが多いと感じます。

ほとんどの方が、交通事故の被害に遭われることは初めて、しかも、交渉相手は、交渉のプロである保険会社の担当者です。「弁護士基準?」「自賠責基準?」などの言葉にはじめて接すると思いますし、まして「弁護士基準による慰謝料の計算方法?」など、知らない方が普通です。

しかし、弁護士基準と自賠責基準では、金額に大きな違いがあります。

当事務所では、無料で、弁護士基準による賠償額、弁護士費用(保険の中で弁護士費用特約に加入のお客様は、弁護士費用の負担は、ゼロとなります。)について、お見積りを行っています。

一度、示談をしてしまうと、そのあとに追加で請求することは非常に困難です。

また、加害者の保険会社担当者が、自ら「弁護士基準」による慰謝料の提案をするケースは、きわめて稀です。 弁護士基準の慰謝料の計算方法を知らずに、保険会社の提案した内容で示談をしてしまい、後悔をされて相談にお見えになるお客様も少なくありません。

任意保険会社の提案する任意基準、自賠責基準での慰謝料の金額と、弁護士基準による慰謝料の金額では、少ないケースでも、数万円、多いケースですと、1000万円以上の差額がでるケースもあります。

慰謝料の提案が任意保険会社からあり、迷われたら、示談書に署名する前に弁護士事務所にご相談されることをおすすめします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号