加害者の責任について

交通事故の死亡事故を発生させて加害者は、以下の3つの法的責任を負います。

1:刑事上の責任
2:民事上の責任
3:行政上の責任

以下、具体的に説明します。

 

1 交通事故の加害者が負う刑事責任

交通事故で死亡事故を発生させた場合でも、加害者が身体拘束されないことがあります(「在宅捜査」といいます。)。この場合、従前の生活を続けた状態で刑事手続を受けます。

また、逮捕拘留といった身体拘束をされた状態で刑事裁判を受け刑事責任を負う場合もあります。

具体的には、死亡事故を発生させた場合は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律中で規定される「危険運転致死罪」や「過失運転致死罪」に問われることになります。

 

2 交通事故の加害者が負う民事責任

交通事故の加害者は、損害賠償責任という民事責任を負います。当然ですが、ご遺族に対して損害賠償をしなければならないという法的責任です。法律上,損害賠償を支払わなければならない民事責任としては,債務不履行責任不法行為責任の2種類の責任があります。債務不履行責任とは、一定の契約関係に基づく義務を履行しなかった場合に生ずる法的責任のことをいいます。この点、交通事故の場合には,当然のことながら,被害者と加害者には契約関係などありません。

すなわち交通事故において加害者が負担すべき損害賠償責任とは,不法行為責任に基づく損害賠償義務の責任ということになります。ご遺族の立場からみれば,加害者に対して,不法行為責任を追求して、損害賠償を求めるということになります。

 

3 交通事故の加害者が負う行政責任

交通事故の加害者が負うことになる行政責任とは,具体的にいえば,反則金を支払わなければならなくなったり,自動車の運転免許を停止されたり,または免許そのものを取り消されたりするということです。自動車運転免許に関していうと,我が国の場合,交通違反があった場合には,一定の点数が課されることになっています。どれだけの点数が加算されるのかは道路交通法によって定められており,その交通事故の態様や交通違反の程度によって異なりますが、死亡事故のような重大事故の場合には,ほとんど免許取り消しになります。

加害者が、どのような刑事責任、行政責任、民事責任が問われる可能性があるか疑問に思ったご遺族のかたは、ぜひ当事務所にご相談ください。

どんな事由でも無料でご相談させていただきます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号