後遺症と後遺障害の違い、等級と慰謝料

交通事故の怪我は、長期的に入通院を行ったとしても、痛みやしびれ、そして可動域に制限が残るなど、後遺障害が発生してしまうことがあります。

ただし、交通事故の怪我による痛みやしびれなどの後遺症が、全て後遺障害として損害賠償の対象となるわけではありません。後遺障害申請を行い、第三者機関により「後遺障害」として認定された場合に限り、後遺症が、損害賠償の対象となる後遺障害として後遺障害慰謝料、逸失利益などの損害賠償の対象となります。

後遺障害には、第1級から第14級の等級があります。

どの等級に認定されたかにより、後遺障害の慰謝料そして逸失利益の金額が決まります。

そして、後遺障害の慰謝料の弁護士基準は以下のようになっています。

(後遺障害の慰謝料は、認定された後遺障害の等級によって決定されます。そのため、適切な後遺障害の認定を受けることが非常に重要です)

裁判基準、弁護士基準は、以下の金額が基準となります。

下記の金額より、保険会社の提案が低い金額であった場合、当事務所が代理人として介入した場合の弁護士費用(弁護士特約に加入のお客様は、原則として弁護士費用のご負担は発生しません)と賠償金額の無料のお見積りを行っていますので、お気軽に無料ご相談をご利用ください。

 

後遺障害慰謝料の弁護士 ・ 裁判基準

後遺障害 第1級   金2800万円
     第2級   金2370万円
     第3級   金1990万円
     第4級   金1670万円
     第5級   金1400万円
     第6級   金1180万円
     第7級   金1000万円
     第8級   金830万円
     第9級   金690万円
    第10級   金550万円
    第11級   金420万円
    第12級   金290万円
    第13級   金180万円
    第14級   金110万円

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号