後遺症の損害賠償の相場を知りたい方

後遺症の損害賠償の相場を知りたい方交通事故でお怪我を負ってしまった場合,整形外科などに通院して治療に専念することになりますが,中には重傷を負ってしまい,1年通院しても痛みやしびれが残ってしまう方がいらっしゃいます。この残ってしまった痛みを後遺症といいます。そして、この後遺症が、第三者機関によって回復が困難であると認定されて、はじめて後遺障害として損害賠償の請求できる根拠となります。

後遺障害として認定してもらわなければ,どれだけ痛みやしびれが残っていても,それに対する賠償金を得ることはできません。痛みやしびれが残った場合は必ず後遺障害の認定申請をすることをおすすめします。

後遺症の申請を行い認定された場合,別途,後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益がもらえます。

後遺障害慰謝料は後遺症の等級認定表(1級から14級まであります。)のうちどの等級が認定されたかによって変動します。

後遺障害慰謝料として裁判所が提示している金額としては,たとえば14級なら110万円,12級なら290万円となっています。

しかし,保険会社が当初からこの金額を提示してくることはありません。保険会社は限りなく安い金額で終わらそうと常に考えているからです。

次に後遺障害逸失利益ですが,こちらは上記の後遺障害慰謝料とは別途もらえます。
ただ,計算方法が少し複雑です。

基本的には,基礎収入(年収)×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数,という式に基づいて計算致します。

まず,基礎年収というのは被害者の方の年収であり,一般的には源泉徴収票に記載の金額で計算します。

次に労働能力喪失率というのは自賠責の等級表に,等級に応じて決められています。たとえば14級であれば5%,12級であれば14%とされています。

次に,労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数は,別途定められているライプニッツ係数表から該当する係数を選択します。

たとえば,5年であれば4.3295となり,10年であれば7.7217となります。

したがって,年収500万円,後遺障害14級という状況であれば,逸失利益は500万×5%×4.3295=108万2375円となります。

ただし,保険会社はこのような金額を提示してくることはありません。かならず低い金額を提示してきます。

弁護士が介入すれば、この金額をできる限り適正な額に引き上げることが可能となります。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号