腰椎捻挫・頚椎捻挫、むちうち、外傷性頚部症候群等について

頸椎捻挫、腰椎捻挫について私達事務所におけるこれまでの経験をこのページに集約しました。いずれも、実際に現場で経験した実体験を伴う情報のみで構成されています。

当事務所は、交通外傷を解決する要は医療機関にあると考え、後遺障害認定サポートの専門家とともに頻繁に病院同行を行い、依頼者様に以下のようなサービスをご提供しています。

  • 交通外傷の証明に協力いただける 医療機関のご紹介
  • 認定申請上必要な検査依頼等に関する 診察室への同行
  • 放射線専門医等による 医学鑑定の実施

頸椎捻挫、腰椎捻挫でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

むちうち?頸椎捻挫?外傷性頸部症候群?14級9号?12級13号?

むち打ち(むちうち症、鞭打ち、頸椎捻挫、外傷性頸部症候群、TCSなど様々な呼び方がありますが、ここでは「むち打ち」に統一)が完治しない状態は、「むち打ちが後遺症になった」と言うことができます。そして、この後遺症の残存を主張して損賠賠償の対象であると認められた場合、「後遺症が後遺障害として認められた」と言うことができます(この状態を「後遺障害として認定」とされます)。後遺症と、後遺障害。まずは言葉の意味を正確に理解することが出発点になります。

さて、むち打ちの後遺障害等級には14級9号と12級13号の2種類があります。その違いは、簡単に言えば、14級9号が普通の後遺障害、12級13号が特に重い後遺障害であるということです。

外傷性頚部症候群の後遺障害等級

14 級 9 号

局部に神経症状を残すもの
目立った他覚的所見が認められないが、神経系統の障害が医学的に推定されるもの
外傷性の画像所見は得られないが、自覚症状を説明する神経学的所見が認められるもの

12 級 13 号

局部に頑固な神経症状を残すもの
他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの
自覚症状に一致する外傷性の画像所見と神経学的所見の両方が認められるもの

・・・という通り一遍の説明では「私の症状は辛いから12級13号の可能性があるはずだ」と考えてしまいそうですが、それは違います。説明している人自身が14級と12級の違いをはっきり分かっていないと、このような教科書的な説明に終始することになり、その結果、誤解をしてしまうケースが非常に目立つのですが、12級13号と14級9号は単に症状の強弱で決まるようなものではなく、全くの別物です。

例えていうのであれば(全くの例え話であり白鳥とアヒルに深い意味はありません。「俺をアヒルに例えるのか!?」と怒らないでください)、12級は生まれながらにして白鳥なのですが、アヒルの集団に紛れています。白鳥であることの証明ができれば12級になれます。現実に白鳥なので、手順を理解している専門家がサポートすれば一定の確率で白鳥になれます。

白鳥であることの証明に失敗した白鳥は、白鳥が疑わしいアヒルとして14級か非該当になります。

そして、アヒルは白鳥ではありませんので、どうあがいても14級と非該当です。アヒルが14級で、ひよこが非該当、ではないことがポイントです。

まれに、よくわかっていない自称専門家に相談してあれこれ検査をやりすぎてしまうアヒルがいます。この場合、ほぼ全ての検査が「白鳥ではない」という逆証明になります。

このように自ら逆証明したアヒルは非該当一直線ということになります。この例えはかなり本質を突いているはずですが、詳しい違いの説明は後に譲るとして、まずは、それぞれの等級が認定された場合に何が起きるのか?結果を先にご説明します。

過失などの細かい要素を全て排除して、ざっくりとした損害賠償のお話です。とあるむち打ちの交通事故被害者Aさんがいるとして、Aさんの症状が後遺症として残存してしまったと仮定します。この、残存した症状の重さを決める手続きが後遺障害認定です。そして、Aさんには以下の3つの可能性があり、それぞれの損害賠償額(最後に手元に残る現金)は、認定された等級に応じて平均的には以下のような違いが生じます。

非該当 ⇒ 50~100万円

14級9号 ⇒ 200~350万円以上

12級13号 ⇒ 500~1000万円以上

12級13号の可能性は、全員が一度は検討するべき価値があることは明白です。

それでは何が12級(白鳥)と14級(白鳥の可能性あるアヒル)と分けるのでしょうか?

それは、客観的な真実性の度合いによる違いです。14級も12級も被害者の方が訴えられる症状の程度にはそう大きな差はありません。主観的にはほぼ同じです。傷病名も大差ありません。頸椎捻挫の診断名で9級や7級になっている事案だっていくらでもあります。客観的事実が、違うのです。見る人が見れば月と太陽ほどにはっきりと違いがわかります。それでは客観的資料のどのあたりがチェックされているのか?次に説明します

 

客観的評価の5大ポイント

①受傷機転

例えば車のバンパーに擦り傷がついた程度の事故態様では、他の要素がどれだけ重篤であっても、常識的に考えて12級13号での解決はあり得ないでしょう(この「常識で考える」ということは極めて重要です)。

特に、目に見えにくいむち打ち等の神経症状を後遺障害として主張していくためには、審査機関に対し、そのような障害が生じても仕方ないほどの衝撃を受けた事実を、丹念に資料化し、訴えていくことが必要になります。

 

②自覚症状の存在と、一貫性

むち打ち等の神経症状を対象とする後遺障害等級(14級9号、12級13号)は、「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」であることを前提とするという明確な定義があります。症状が常時一貫していたと主張していくために重要なのは、「客観的な医療記録の中に症状の記載がなければ、事実として生じている症状であったとしても存在しなかったことにされてしまう危険性がある」を正しく理解しておくことです。

医師にしびれを訴えたはずなのに、カルテの中に記録されていない、腰の痛みを訴えたはずなのに、経過診断書の中に腰に関する診断名が記載されていない、こうして記録上自覚症状の連続性・一貫性が途絶えると、「受傷部位にほとんど常時疼痛を残すもの」という条件をクリアできないことになり、本来であれば後遺障害等級が認定されるような神経症状が残存した場合であっても、後遺障害が非該当とされてしまう結果に繋がるのです。

こうしたことは損害賠償の世界では頻発していますので、自覚症状は一つ一つをしっかり明確に主治医に訴えることが大切です。

 

③神経学的検査結果と、一貫性

目に見えない神経症状を少しでも客観的な医学的所見として資料化し、主張していくために、損害賠償の世界では「神経学的検査」が重視されていますので、以下に代表的な神経学的検査をご紹介します。

ただし、この神経学的検査は、何もかも闇雲に検査を受ければ良いというものではないという点、注意が必要です。ある症状の存在を客観的に裏付けるために神経学的検査の実施を受けるとき、そもそも全く見当違いな検査であれば、検査結果は最初から正常にしかなり得ないということになります。

この「正常」という検査結果はときに一人歩きして、後遺障害の認定結果を厳しいものにする原因となります。以上から、神経学的検査は、自覚症状や他覚的所見に応じた使い分けが必要であると言えます。中途半端な専門家は、検査項目が一覧となった検査表を被害者に手渡して、後遺障害診断書と一緒にこの紙も先生に書いてもらえとやってしまいがちですが、病院同行による医師の確認や検査項目の取捨選択を行っていなければ、ほぼ全ての検査が正常(逆証明)で返って来ることは確実で、非該当一直線となります。

当事務所では、自称専門家に依頼した結果非該当になったというケースは交通事故の世界では相当多いだろうと予測しています。12級であれば、最低でもここに挙げた程度の検査項目については症状や画像に整合する異常所見が欲しいところですが、14級の事案においては検査などやらない方が良いケースがほとんどだということを覚えておいていただくと良いです。

 

頸椎捻挫の代表的な神経学的検査

  • ジャクソンテスト
  • スパーリングテスト
  • 徒手筋力テスト
  • 腱反射テスト

 

腰椎捻挫の代表的な神経学的検査

  • FNSテスト
  • ラセーグテスト
  • SLRテスト
  • 徒手筋力テスト
  • 腱反射テスト

なお、こうした神経学的所見についても一貫性の観点からのチェックは入ります。ある時点では腱反射正常であったのに、症状固定時期になって突然低下した、であるとか、事故直後にはSLRもラセーグも正常であったのに、後になって突然悪化した、という経過は、14級レベルであれば無視されることもあり得ますが、12級13号を考えるのであれば致命傷になりかねません。

 

④他覚的所見

実用的なものとしてはMRIと針筋電図検査の2種類があります。ここでは頸椎症におけるMRI検査の有用性についてご紹介します。まずは、↓ の図を見て頸椎の構造を把握してください。

椎体と椎体の間にある椎間板が飛び出して、その後ろにある左右の神経根を圧迫しているのか、それとも脊髄を圧迫しているのか。MRI検査によればこのことが一目瞭然で分かります。

当事務所では全てのご相談に対してまず、画像から当たるを鉄則としています。何よりも重要な画像所見について受任者が正しい認識を持てなければ、その他一切の立証活動について正確な対応ができないからです。ご相談を受けた場合、プロの放射線科医も使用する専門のソフトを用いて依頼者様の画像を解析し、その上で後遺障害の立証について方針を見定め、今後に向けた方針検討を行っています。

上記画像からはC5/6左のヘルニアが確認できますが、これが自覚症状や神経学的検査結果と医学的な整合性を持つかどうかが12級13号の認定を受ける上で決定的に重要な分かれ目となります。

なお、当事務所では、熟練の技師による3テスラのMRIが撮影可能な医療機関のご紹介や、既に撮影済の画像について放射線専門医による医学鑑定サービスの斡旋なども行っております(この鑑定結果も証拠として扱われます。実際に、鑑定結果のみを添付した異議申し立てにより後遺障害が認定された事例も御座います)。

(鑑定書の例)

過去に話題となった容積脈波検査やサーモグラフィー検査は、現在の後遺障害認定では重要な所見とは扱われないでしょう。実際、12級13号の認定を受けた事案についてこのような検査は行っておりません。全てMRIか針筋電図で障害を証明しています。

 

⑤全体の整合性

これまでに説明した①~④の要素がそれぞれ医学的な整合性を有しているか否かも後遺障害の認定の判断を行う調査事務所はしっかりとチェックしています。高位診断(脊椎の何番目に異常があり、どの神経を障害しているのか。その神経に障害があるならばどのような症状が出現し、神経学的所見としてどのような異常が見られるか)を正しく理解していなければ、とんちんかんな主張をしたり、不要な検査を受けてしまったりと、致命的なミスをしてしまうでしょう。

C5/6の高位において左神経根に圧迫が見られるのであれば、同領域の知覚に異常があり、スパーリングテストは左に+、腱反射は左腕橈骨筋が低下しているのではないか?このように有機的に各要素を繋げた判定がなされますので、そうした後遺障害を認定する自賠責側の意図に沿った立証活動が求められます。各要素をバラバラに、適当に主張しているだけでは12級13号は絶対に認められません。

 

最も難しいのは知識をカタチにすること

以上のような知識を被害者自身がどれだけ勉強したところで、医師が作成した診断書の形になっていなければ全く意味がありません。しかし現実には、以下のような問題が立ちはだかり、被害者側の立証活動はなかなか教科書通りには進みません。

  1. 検査など必要ない、と医師に対応を拒否される
  2. 検査は実施してもらえたが、医師の判定が厳しく全て正常所見にされてしまう

この点が、後遺障害認定において大きな問題が生じる原因のひとつです。

これは、お風呂の温度についてどの程度を熱いと感じるか? 個人差があることに似ています。ある医師は、少しくらいの異常所見は誤差範疇と認識するかもしれません。別の医師は、左右差に着目し、僅かな差異も見逃さぬようにと繊細に腱反射検査を行うかもしれません。机上の空論をいかに現実のものとするか。ここで、医療機関の情報をどれだけ有しているかという相談を受ける側の真価が問われます。もちろん、当事務所は万全の病院情報を有しておりますので安心してご相談いただくことができます。

 

単なる神経症状にとどまらず耳鳴りその他の症状が出現している場合・・・

耳に直接的な外傷がなくとも、追突事故で発生した耳鳴りについても後遺障害12級相当は認められます(当事務所でも多数の対応経験が御座います)。熱心に治療に向き合い、最終的に後遺障害として耳鳴りが残存した場合にも、後遺障害を証明するための検査(ABR等)について協力をいただける医療機関をご紹介することが可能です。

 

以下、もう一度、むちうちに関します後遺障害等級などを記載します。

27むちうち(鞭打ち)について

むちうち症は、自動車の追突事故が原因で起こる症状ですが正式な名称ではなく、傷病名では、頚椎捻挫(けいついねんざ)、頸部挫傷(けいぶざしょう)、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)、バレ・リユウー症候群などと診断されます。

軽い事故であれば事故直後の病院での検査で異常が認められず、2、3日経過した後から症状が現れだんだんと首の痛みや頭痛、肩こりやめまいといった症状が現れることがあります。

むちうち症は一般的にも耳にする機会が多いものであるため、「むちうちは後遺障害に該当しないのでは?」と思われている方も多いのではないでしょうか?

確かにむちうち症は、見た目では外傷がないため簡単に後遺障害と認められるわけではありません。しかし、むちうち症はこれまでにも後遺障害に該当するという判例がありますので、適切な検査を行い後遺障害の認定を受けることが大切です。

むちうち症の等級認定について

等級

労働能力喪失率

労働能力喪失期間

認定基準

12級13号

14%

5~10年

局部に頑固な神経症状を残すもの

14級9号

5%

5年以下

局部に神経症状を残すもの

むちうちの診察においては注意すべきポイントは、例えば、骨折を判別するレントゲンではなく、神経状況を把握するMRIでの診察がむちうち症の後遺症認定には必要になるなど、むちうち症に対する知識を十分に持っていなければ適切な検査が行われません。

むちうち症の検査・治療を行う際には、むちうち症に精通した医師の下で検査・治療を行うことをお勧めいたします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号