死亡事故の慰謝料と支払基準

1 はじめに

交通事故の死亡事故においては、亡くなった方が、その生命を失ったことで被った精神的損害として慰謝料がご遺族に支払われます。

例えば、父・母・息子の3人家族のお父さんが亡くなったとします。その場合、死亡された場合の慰謝料には、一定の基準額が赤い本とも呼ばれている「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」に記載されています。これは、下記でご説明する弁護士基準、裁判基準と呼ばれるものです。

交通事故の死亡慰謝料
一家の支柱
2,800万円
母親・配偶者
2,500万円
その他
2,000万円~2,500万円

金額は目安であり、個別的な事情を考慮して増減することもあります。

死亡慰謝料の増額事由には、加害者の行為の悪質性と被害者に落ち度がないことなどがあげられます。

 

2 3つの基準について

慰謝料の算出基準は3つあり、どの基準で算出するかによって慰謝料の金額も変わります。

「3つの」基準とは、いったい「何?」という点につきましてご説明いたします。

3つには、自賠責基準、任意保険基準そして弁護士基準というものがあります。

 

1 弁護士基準とは・・・

交通事故の損害賠償の示談交渉、裁判などの場面で、弁護士事務所が代理に入った場合、「弁護士基準」「任意基準」「裁判基準」「自賠基準」といった言葉を頻繁に使用します。

まずは、「弁護士基準」についてご説明いたします。

「弁護士基準」は、「裁判基準」とほぼ同じ意味です。

この「弁護士基準」とは、何のために作成されているかといいますと、交通事故の内容や被害は多種多様です。

裁判所が、個別な事情を踏まえた上で計算すると、裁判所、裁判官によって、その判断が不公平になる可能性が高いいばかりか、個別事情を主張立証した上で認定していては、解決までに大きな時間がかかってしまいます。このことを避け、裁判による公平迅速な解決を図るため、弁護士基準がつくられています。、裁判の公平迅速な解決のための全国一律の基準なのです。ただし、個別事情を考慮して増減はあります。

以下、裁判所が個別事情を考慮して、以下のような判断をしています。

 

1 一家の支柱・・・2800万円を基準とするが一応の目安

  1. 46歳の男性会社員につき、本人分2800万円、妻250万円、子2人分各100万円、合計3250万円を認めた(千葉地方裁判所松戸支部)
  2. 1つの事故で生後11か月の長男とともに死亡した21歳の男性につき、本人分2800万円、妻400万円、両親に各100万円の合計3400万円を認めた秋田地方裁判所 平成22年7月16日)
  3. 娘が9歳のときに離婚し、以降17歳になるまで扶養してきた49歳の兼業主婦につき、本人分2600万円、娘400万円、合計3000万円を認めた(東京地方裁判所 平成17年7月12日)

 

2 母親、配偶者

  1. 53歳の女性有職主婦につき、運転者及び会社のほか、運転者が極度の疲労状態にあることを認識しながら乗車を止めさせるなどしなかった会社の運行管理者及びその代務者、過酷な労働条件におかれていることを認識しながら適切な是正措置を行わなかった労務管理者にも不法行為責任を認め、死に至る態様が極めて凄惨で残酷であること、居眠運転で追突したことなどから本人分2700万円、子2人各200万円、母100万円、合計3200万円を認めた(名古屋地方裁判所 平成19年7月31日)
  2. 31歳の女性保育士につき、本人分2500万円、夫200万円、子200万円、父母各100万円、合計3100万円を認めた(千葉地方裁判所平成26年9月25日)

 

3 その他

  1. 独身者
    ア 事故により植物状態(1級3号)となった後死亡した事故時18歳亡くなられた時24歳であった男性単身者につき、本人分2800万円、母200万円合計3000万円をみとめた(東京地方裁判所平成13年1月27日)

    イ 18歳の男性高専生について、母親は、夫と離婚した後、被害者およびその妹の親権者として同人らを養育してきたこと等から、本人分2200万円、母600万円、合計2800万円を認めた(大阪地方裁判所平成21年7月31日)

    ウ 15歳の女性中学生について、本人分2200万円、父母各250万円、祖父母・姉妹3名各120万円、合計3300万円を認めた(宇都宮地方裁判所 平成23年3月30日)

  2. 子供、幼児等
    ア 8歳男性の小学生につき、加害者が時速40キロで走行したこと(指定最高速度20㎞)等を考慮し、本人分2300万円、父母各200万円、事故直後に受傷した被害者を目の当たりにしたこと等を斟酌し兄(11歳)100万円、合計2800万円を認めた(東京地方裁判所八王子支部平成19年9月19日)

    イ 5歳女性につき、本人分2400万円、父母各300万円、弟100万円、合計3100万円とした(京都地方裁判所平成24年10月24日)

  3. 高齢者等
    ア 75歳の主婦をしていた女性につき、本人分2500万円、病気による介護を必要とする夫100万円、子2人孫1人各50万円、被害者が介護していた知的障害を持つ孫については、祖母である被害者の死亡により介護施設への入所を余儀なくされたこなどから300万円、合計3050万円とした(大阪地方裁判所 平成22年2月9日)

    イ 75歳の主婦をしていた女性似つき、加害者は前方注視義務及び信号遵守義務という自転車を運転する際の基本的な注意義務を怠っており、対面する歩行者用信号機の青色灯火に従った被害者には何等落ち度がないことかなどから、本人分2300万円、夫200万円、子100万円の合計2600万円を認めた(東京地方裁判所平成26年1月28日)

  4. 内縁関係にあった者等
    ア 78歳の女性で料理店女将につき、本人分1000万円のほか、およそ29年間同居し同料理店を経営していた69歳の妻のいる内縁の配偶者に、営業損害は認めなかったが、被害者が給与を受けずに尽力していたことなどの事情は慰謝料において評価するのが相当であるとし、妻との婚姻が明らかに破綻してことなども考慮して1300万円を認めた(大阪地方裁判所 平成21年12月11日)

 

2 自賠責基準とは・・・

自賠責基準とは、自動車運転手の加入が法的に義務つけられている自賠責保険により、法律で規定された自賠責保険から支払われる保険金額を算出する際に用いる基準のことで、これは、自賠責法という、法律で規定されたものなので、全国一律であり、保険会社による差異もありません。

ただし、自賠責保険は、被害者の損害の公平な分担を趣旨として最低限度の保障をするための保険ですので、自賠責保険の基準の賠償額は、極めて低額となります。死亡慰謝料の相場は、自賠責基準の場合、遺族の数や被扶養者の有無に応じて以下のように定められています。

自賠責基準での死亡慰謝料の相場

被害者本人一律 金350万円

ご遺族がお一人の場合   金330万円が加算されます。
    お二人の場合   金650万円が加算されます。
   三人以上の場合   金750万円が加算されます。

☆被扶養者がいらっしゃる場合は、上記金額に金200万円が加算されます。

上記「ご遺族」に該当するのは、被害者の父母、配偶者、子になります。

以上のように、自賠責基準の慰謝料の基準は、極めて低額となります。

 

3 任意保険基準とは

任意保険基準は、加害者のかたが加入されている保険会社が、それぞれ保険会社ごとに規定している基準のことで、慰謝料ほかの損害賠償の金額は、それぞれの保険会社によって異なります。この任意保険基準が、法律で定められてた自賠責基準、裁判の公平・迅速のための裁判基準とは異なり、いわば、各保険会社の「ブラックボックス」になっている基準といえます

多くの事案の場合は、自賠責基準と裁判基準の金額の間の金額となります。

☆この3つの基準のうち、弁護士基準が最も高額になる基準となります。(ただし、被害者のかたの過失が大きい場合は、自賠責基準が高額になるケースがあります。被害者側に過失が認められると、弁護士基準ですと、過失分がそのまま過失相殺されることになります。それに対し、自賠責保険基準では、過失が7割未満の場合には、損害賠償の金額は、過失相殺されません。)

☆弁護士基準は毎年赤本で公開

交通事故の慰謝料などの弁護士基準は、弁護士が編集委員となり毎年改訂 版が発行されている「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」という書籍で公開されています。この書籍は表紙が赤くなっていることから、通称「赤本」「赤本基準」と呼ばれています。

加害者の任意保険会社より、慰謝料の提案があった場合は、示談書に署名する前に、当事務所に、金額が適切かどうかご相談いただけましたら幸いです。

当事務所では、無料で適切な慰謝料を算定させていただきます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号