早期の法律相談をおすすめする理由

早期の法律相談をおすすめする理由交通事故に遭われた場合,できる限り早いタイミングで弁護士に依頼することをお勧めします。

その理由は,たとえば,事故から半年ほど経過して相談に来られたが,この半年間で月に1回程度しか病院へ通院をしていない,といった状況で,「保険会社の提示金額に納得がいかない。」「後遺症認定を取ってほしい」というご依頼をいただくことがよくあります。

しかし,このような状況で保険会社相手に戦うのは至難の業です。賠償金の中に通院慰謝料というものがあります。これは事故による怪我で病院へ通わざるを得なくなったことで被った精神的苦痛に対する慰謝料なのですが,通院回数が著しく少ない場合は,かなり低額な賠償額しか提示してこないことが多いのです。当事務所では交渉により増額をお願いしていますが,かなり時間がかかったり、裁判等をせざるを得なくなることも多いのです。

また,後遺症については,特にむち打ち症などにおいて後遺障害の等級 14級9号を獲得するためには,通院回数がある程度なければ認められないため,回数が少ないとどうしようもないという事態に陥ります。過去の交通事故の依頼においても,このような理由で断念することが何度かありました。

やはり,交通事故に遭った場合は,早い段階で弁護士に依頼し,治療段階からサポートを得るのが最善の策だと思います。

当事務所では,相手方が無保険のため人身傷害保険や搭乗者傷害に請求する場合でも、依頼を受け付けております。まずは弁護士にご相談ください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

           
東京電話番号リンク 兵庫電話番号リンク 埼玉電話番号